リロケーション

リロケーション物件の存在をご存知でしょうか。
英語のrelocationなのですが、その意味は移転または配置転換です。
そこからとったリロケーション物件とは、住居者が長期の留守や転勤などで家をあける時にその部屋や家を貸している物件です。
貸す側、借りる側どちらにもメリット・デメリットがあるリロケーション物件、その内容を見てみましょう。
まず貸す側のメリットからみていきましょう。

部屋を貸しているわけなので、賃料が入ってきます。
ただの空き家ではもちろん賃料は入ってきませんから副収入と言えます。
空き家でないことから空き巣などの被害に遭いにくく、また人が住み続けることで、廃墟化することがなくなります。
次に借りる側のメリットを見てみましょう。
安く、もしくはグレードの高い部屋を借りることができます。
リロケーション物件の多くは戸建などの大きな物件が多いので、そこに住むことができます。
すでに主は、その家を購入しているわけですから、家賃はその主の好意で決められることが多く、一般的に借りる賃料よりもはるかに安く住むことができます。

反面デメリットもあります。
貸す側としては、他人が住むわけですから壁や床に傷ができることもあります、破損などの恐れがあります。
借りる側のデメリットとしては、借りる期間が決められていることです。
たとえ気に入っても、そこはあなたの家ではなくあくまでも好意で借りているだけなので永久的に借りることはできません。



※注目サイト
海外転勤 --- 長期の留守や海外転勤などで家をあける時に部屋や家を貸し出せるリロケーションの見積もりができます。

Copyright © 2014 リロケーション物件を借りる側のメリット All Rights Reserved.